投稿者 tel | 2011年9月1日

自作のテクスチャをGUITextで使う

UnityのGUITextとフォントとかのメモ。(内容が古いので新しいバージョンについても書いた)

ゲームの得点の表示とかでテクスチャに数字を書いてGUITextで表示の仕方。

まずテクスチャを用意する。このとき1文字の大きさを2^nの正方形にしておく。

数字のテクスチャ

プロジェクトに作成したテクスチャを追加する。インスペクタで次の設定をする。

  • TextureType : GUI
  • Filter Mode : Point

フィルタモードをPointにしておかないと後述するPixel Correctが有効でもぼけてしまう。

プロジェクトに新しくマテリアル(Material)とフォント(Custom Font)を追加する。追加はメニューのAsset → Createとかから。マテリアルにテクスチャを設定してShaderをUnlit → Transparentにする。

フォントのDefault Materialを追加したマテリアルにする。

  • Ascii Start Offset : 48
  • Font Count X : 8
  • Font Count Y : 2

Ascii Start Offsetはアスキーコードの開始オフセット。数字だけなので48から。Font Countはテクスチャに含まれる文字の数。

シーンにGUITextを作成して、追加したフォントを設定し、Textを適当な数字にする。Pixel Correctにチェックを入れておく。

GUIText

表示されました。応用すればパターンアニメーションもできるかも。実際に作成したものをおいておく。

サンプルファイル(number.unitypackage)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。