投稿者 tel | 2012年10月9日

読んだ本 – アジャイルなゲーム開発

「アジャイルなゲーム開発 スクラムによる柔軟なプロジェクト管理」を読んだ。

原書は「Agile Game Development with Scrum」って言うらしい。

プロジェクトをプロトタイプ、プリプロダクション、プロダクションと分けて解説していたり、プログラマー以外のアーティスト、プランナーなどへ向けたスクラムのプラクティスを紹介してあったりゲーム開発者が普通のスクラムの説明で、ここはどうやってゲーム開発に適用させるんだろうっていう部分がかなり書かれている。

ただ、ゲーム開発特化の本なんだけど他のソフトウェア開発者向けのスクラムの入門書としてもいいんじゃないかと思うくらい導入から実践まで広く扱っている。

アメリカの人が書いた本だけど、途中に任天堂のゲーム作りの進め方とか、あとがきにバイオハザード2の話とか、日本のゲームの話が出てくるとなんだかほっこりする。

アジャイルなゲーム開発 スクラムによる柔軟なプロジェクト管理
クリントン・キース
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 32611

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。