投稿者 tel | 2013年3月31日

読んだ本 – コンピュータビジョン最先端ガイド2

「コンピュータビジョン最先端ガイド2」を読んだ。

内容的には

  • 特徴量検出(SIFTなど)
  • ミーンシフト
  • カーネル(SVM、主成分分析など)
  • GPUでのコンピュータビジョン

の4本立て。最先端過ぎて1回読んだだけじゃ大体わからなかった。

でもGPUのコンピュータビジョンは初歩過ぎたので、もっと深い情報があれば良かったのに。

コンピュータビジョン最先端ガイド2 [CVIMチュートリアルシリーズ]
藤吉 弘亘 山下 隆義 岡田 和典 前田 英作 ノジク ヴァンソン 石川 尋代 ドゥ ソルビエ フランソワ
アドコム・メディア
売り上げランキング: 185,481

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。