投稿者 tel | 2013年8月26日

Nintendo Web Framework

CEDEC2013でセッションは聞けなかったけどブースの方で話は聞けたのでメモ。

Nintendo Web Frameworkとは何か

GDCとかで情報が出てる。HTML5とかWebの技術を用いてWiiUのゲームが作れるらしい。

詳しくは以下のサイトとか。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130328_593647.html

聞いてきたメモ

  • Webkitらしい。
  • WebGLは使えない。
  • CSS 3D Transformは使える。(3Dの話で聞いたのでGPUアクセラレーションが効いている?)
  • jQueryとかenchant.jsとか既存のJSのライブラリが動くらしい。
  • 描画は専用のAPIとかじゃなくて普通にCanvasのAPIで描く。
  • 今のところ日本では個人開発者が申し込むことはできない。(法人なら申し込める)
  • 音声はWebAudioを使う。
  • 入力はaddEventListenerを使うっぽい。ボタン入力とキーボード入力をマッピングする仕組みがあるのでキーボードのAとゲームパッドの左とかを対応付けられる。
    これは設定ファイル(jsonだった)に書いておくようなのでブラウザとWiiUパッドで同じコードが動かせるっぽい。
  • GCとか大丈夫なのか聞いたら、うまいことやってるから大丈夫らしい。

デモを見たらCanvasの描画で結構な量のパーティクルが表示されていたので、2Dゲームを作る分には問題なさそう。

別に販売とか配布はできなくてもいいので自分で開発できたら楽しそうなんだけどな。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。