投稿者 tel | 2014年8月28日

読んだ本 – ゲーム制作者のための物理シミュレーション

「ゲーム制作者のための物理シミュレーション 剛体編」を読んだ。

物理エンジンの仕組みを知りたい人や実装してみたい人向けの本。

結構難しい内容だったので読み返さないとちゃんと理解するのは大変そう。

理論編と実践編に分かれており、コードも載っているので実際に組んでみるのに役に立ちそう。
ゲームで使う場合のテクニックも載っているので親切。

ゲーム制作者のための物理シミュレーション 剛体編
原田 隆宏 松生 裕史
インプレスジャパン
売り上げランキング: 252,731

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。