投稿者 tel | 2014年9月11日

OpenGL ES のフラグメントオペレーションの処理順序

フラグメントオペレーション の処理順序についてよくわからなくなるのでメモしておく。

  1. シザーボックス
  2. アルファテスト(OpenGL ES 2.0だとなし)
  3. ステンシルテスト
  4. デプステスト
  5. ブレンディング
  6. ディザリング

フラグメントオペレーションはフラグメントシェーダが実行された後、上記の順番で処理される。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。