投稿者 tel | 2015年1月6日

GithubでPull Requestしてみた

初めてGithubで人様のプロジェクトにPull Requestしてみた実録ドキュメント。

今回Bracketsのエディタ部分のライブラリ、CodeMirrorでGLSLのシンタックスハイライトをする部分が間違っていたのを修正してプルリクエストした。

Githubのアカウントはあるものとして

  1. 該当プロジェクトのバグ報告や貢献の仕方を調べる。
    BracketsではCodeMirror部分は本家のCodeMirrorからフォークされて管理されている。
    https://github.com/adobe/brackets/wiki/Notes-on-CodeMirror
    上記にプルリクエストは本家の方にしてね、と書いてあった。
    本家の方のCONTRIBUTING.mdにプルリクエストの仕方が書いてあったのでそれに従う。
  2. プロジェクトをフォークする。
    CodeMirrorのページのForkボタンを押す。
  3. フォークしたプロジェクトをクローンして編集する。
    ちゃんとブランチ作ったほうが良かったかもしれなかったがそのままmasterで編集した。
  4. コミットしてPush。
    英語が難しいので、他のプルリクエストのコメントを参考にしながら、とても簡単な単語でコミットコメントをつける。
  5. フォークしたプロジェクトのページからPull Requestを押す。
    確認用の画面が出るのでボタンを押すとプルリクエストされる。
  6. マージされる。
    特に問題もなくマージされた。

そんなに難しくはなかった。自分のコードがオープンソースのプロジェクトに反映されるのはなかなか気分がいい。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。