投稿者 tel | 2016年7月19日

AnimatorOverrideControllerのメモ

UnityのAnimatorOverrideControllerを使うと既存のAnimatorControllerのAnimationClipを置き換えることができる。
http://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/AnimatorOverrideController.html
例えばゲームのモンスターのアニメーションでステートとトランジションは共通でバリエーションを作るときなど便利に使える。

ただアセットバンドル化した時に置き換えた元のアニメーションも含まれているようで、ファイルサイズが大きくなってしまった。

実験

  • アニメーションクリップClipAとClipBを割り当てたAnimatorCntrolerを作成する。(controller0、controller1)
  • AnimatorOverrideControllerを作ってClipAを割り当てたAnimatorControllerを参照し、ClipAをClipBで置き換える。
  • それぞれをアセットバンドル化する。

overridecontroller_ss

それぞれのファイルサイズは以下のようになった。

  • controller0:101KB
  • controller1:139KB
  • overridecontroller:226KB

まとめ

ステートを使い回す目的でOverrideAnimatorControllerを使うとアセットバンドルのサイズが大きくなってしまう。
そのためダミーのサイズが小さいアニメーションを付けておくか、AnimatorControllerを複製して使うような運用が必要になりそう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。