投稿者 tel | 2010年2月9日

DSiウェアのARを使ったゲーム

今日会社でDSiウェアのARを使ったゲームを見せてもらった。
「カタムクション」というゲーム。
http://www.higp.jp/pressrelease/2009/press_091224_1.html
製作はHI Game&Publishing。合同企業説明会でここの会社のブースにいった記憶が。
DSを平行移動させて画面にただよう幽霊を退治するゲーム。幽霊をマトにしているところがミソですね。
セカイカメラでもふわふわさせることで画像処理とかの誤差をごまかしている。
技術としてはカメラの画像をソフトウェアで処理しているのかな。外国の携帯とか向けの技術を買ってきてDS用にミドルウェアとして使っている?
自分がやってた研究とかなり近い分野なのでこうやってゲームにARが使われていると
複雑な気分になる。もうちょっとがんばって研究してればよかった。

ラブプラスも何かARのツールみたいなものをダウンロードできるっぽい。
これは中身はARToolkitかな。工学ナビでARToolkitの記事をみたのが最初だったけど、それからずいぶんARが広がったなぁ。

Webカメラはあるので新しいPCかったらDirectShowを入れるチュートリアルでも書いてみよう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。